ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3試合
ケツメイシ戦。
スタメンは9(トミー)・15(直太朗)・17(翼)・18(岬)。
キーパーは1(若林)。南葛チームは前半A側。

南葛ベンチでは、選手達によるウェーブが始まっている(笑)
そういうことは客がやりますから!
そして、またしてもワイワイ・ワワーイ。
客も一緒にワイワイ・ワワーイ。
もしかして流行語大賞とか狙ってる?

トミーのヘディングを見た。
なんだか鯨のジャンプみたいだった。ザッパーン!
でも残念ながら失敗、メガネが落ちる。
この後トミーは、ぶつかった相手選手に拝むような仕草で謝っていた。
さすがだ。(←何がだ)

メンバーチェンジ。16番の御徒町凧選手が投入される。
私はまったくパンフレットを見ていなかったので、
ここで初めて彼がカインであることに気がついた。
それにしても直太朗はサッカーがうまい。
17番の翼選手とのパス回しは見ていてほれぼれしたよ。
そうそう。直太朗と言えば、半袖・半ズボンのユニフォームの下に
長袖・タイツ(共に黒)を着ていて、ばあちゃん子だった人は厚着をする傾向が高いから
直太朗もきっとそうなんだろうなーなどと思っていたら、
南葛チームが初ゴール!(誰が決めたかは見ていなかった)←ダメじゃん
ベンチの選手全員、ピッチの中へ駆け寄ります。
でも、キッシーズが期待していたようなへんてこな すばらしい踊りなどは一切なく、
団子になって喜んだだけ。
どうせなら全員で、アラレちゃんの「キーン!」走りで
ピッチを一周するくらいやればよかったのに。
じゃなきゃ、早乙女さんがバック転をするとかさ。
(見に来た目的を完全に間違えています)
いや、でもいいのさ。会いたかっただけだから。
私にとっちゃ、今日は ハロプロ運動会 みたいなもんだから。
参加することに意義がある。

南葛チームはその後もさらに得点を重ねます。
へディングシュートを決めたのはたぶん17番の翼選手。
それとも直太朗だったかな?(←いい加減)
やるじゃん、男闘呼塾青年蹴球團!
サッカーうまいじゃん!
いやそれともケツメイシがへ(以下略)

いつの間にかメンバーチェンジしていて、3(純平)と15(直太朗)が大活躍。
PK戦にもつれ込みます。


ゴーーーーーール!!



せーのーで、やったあー!



大喜びの ケツメイシチーム。
翔やんがキーパーをなぐさめている間に2‐1で前半終了。


<休憩中>

司会者「ケツメイシ対男闘呼塾。“桜”対決となりましたこの試合!」

ケツメイシの曲はまーだ売れてるし、ウレルトグットも櫻十字だしねえ。
うまいこと言うなあ。

司会者「ケツメイシのさくら VS 森山直太朗のさくら!
さあ、咲き乱れるのはどっち?サクラチルのはどっち?!」


ええええー?!


世間一般的には直太朗なのか。
そんな直太朗がインタビューされている後ろで盛んに両手ピースする翔やん。
会場に2箇所設置されている大画面にもばっちり写ってましたがな。
お前は田舎の小学生か。

後半戦でも円陣を組んでワイワイ・ワワーイ。
出場選手は、11(光)・15(直太朗)・16(カイン)・18(岬)。
キーパーは変わらず。
そういえば、松はどうしちゃったんだろう。
ずっと姿が見えないようだけど。

11(光)→5(輝矢)にメンバーチェンジ。
しかし、輝矢はすぐさま10(翔)にメンバーチェンジ。

Q:輝矢に代わって翔やんが入った途端に
相手チームにゴールを決められたのはどういうことですか。

Q:ベート無しでいた翔選手がベンチからメガネを取ってもらった瞬間に
相手チームにゴールを決められたのはどういうことですか。
いやむしろ、Doいうことですか。

…というわけでね、(西園寺調)
あっと言う間に逆転されてしまいました。

今まで翔やんはメガネしてなかったためか、走るたびによくコケていた。
そして、ライン際でそれは起きた。
スライディングのような格好で転んだ翔やんは、
起きあがった時左足を引きずって痛さをアピール。
すごすごと自力でベンチへ引き上げます。
あれれれ。大丈夫かな。

翔やんに代わって19番のフアンタジスタ選手が入り、
さあ逆転!と思ったところでハンドの反則。
ケツメイシ側にフリーキックのチャンスが。
しかし、あえなく時間切れ。
3‐2。惜しかったな。


第4試合(FLOW対w‐inds)が始まるとぞろぞろと席を立つキッシーズ。
氣志團Tシャツはカラフルだからすぐわかるのね。
いやまさか、でも、もしかしてもしかすると


ただ単に見慣れているから目につくだけとか?
(あるあるあるー)

開演前にお会いした方々の服装が、見事に全員ウレルトグットじゃなかったのには笑ったよ。

関係者席に残っているのはパパノコージと直太朗とカイン、
あと綾小路家の親戚のオッサンが2人だけ。(←失礼)
みんなどこ行っちゃったんだろう。
翔やーん、カムバーック!
あんまり悔しくて裏で泣いてるのかな。

なーんて、その時は思ったんだけど、
きっとみんな翔やんを心配してそばについてたんだろうね。

え?

じゃあ直太朗は

試合の合間の休憩時間になってもピッチに出てきたのは
2・5・11・15・16・19・21・22の人々のみ。
本当にどうしちゃったんだろうか。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。