ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕張GIG その1 
昨日の日記を読んで「え?私のことかしら?」と思った人に告ぐ!

安心してください。
あなたのことじゃありません。
たぶん、本人は気づいてないはず です。
悪気がない上に自覚がないからタチが悪いんだよな。

管理人ってのは常に受身だけれども、
時には来る者を拒んだっていいですよね?
「キッシーズだったら必ずわかりあえるはず!」とか本気で思ってる、
心のきれいな人とは私はお友達になりたくないし、なれないと思うんです。
管理人にだって友達を選ぶ権利はあると思うんですよ。

幕張でお会いしたのは本当にステキな方たちで、彼女たちと知り合えた自分を誇りに思います。
人柄って、書いた文章からもにじみ出るんだなあ、とつくづく思いました。
うなたまさん、みきみきさん、チップさん、くむくむさん。
本当にどうもありがとうございました。



さて。こっからがレポです。
一旦並ばせてから番号順に入るのかなあとか思いつつ(←適当)
会場に行ってみたらまあなんともフリーダムな方式でして
要するに早いもん順でした。
整理番号なんて関係NINE。

「どうせDだしー」と余裕くれているうちに4時を過ぎてしまい、
生花の上がっていたグッズ売り場(ぼったくりクロークもここにあった)を横切り、
慌てて会場入り。
その瞬間に思いました。
「ここは避難所?」と。
だって、ガラーンとした体育館のようなだだっ広い場所に
鉄柵でブロック分けがされているだけなんですもん。
私がいた真ん中ブロックはともかく、隣のD3ブロックなんて
薄暗くて日本じゃないみたいでした。

1ブロックの大きさは奥行きが25メートルプールくらいなものでしょうか。
横幅は10コースくらいあったかも。
その中に、まあブロックの前方は割とぎゅうぎゅう詰めに人がいて
後ろの方にうっすらと人がいて
真ん中はすかすかで
その人口密度は、まるで持ち運び中によさってしまったお弁当箱の中身のよう。
柵際は既に人がいっぱいで入れなかったので
すいている真ん中辺で体育座りをして待っていると
なぜか一瞬、各ブロックの前方の人々が一斉に立ち上がって前進するという民族大移動が行われ
そのおかげで出来た柵際の空間にもぐりこむことが出来ました。
もちろん右側でげす。

SEは
・悲しみは雪のように/浜田省吾
・TONIGHT/Babe
(I don't know!も流れてた)
・思いきりアメリカン/杏里
・サマータイムグラフィティ/TOM☆CAT
などなど。
BAKUFU SLUMPの曲名がどうしても思い出せない。
とある方に教えていただいてすっきりしました。
あざーす!>アスパラねえさん(←教えてもらってこの仕打ち?)


個人的ヒットは開演間際に流れた
・ボヨヨンロック/まんが道
でした。
6月にあったFMラジオ(サウンドストリート)の最終回でも流れてたよねこれ。
>くむくむさぁぁぁん!待っててね!

17時10分。客電が落ち、いよいよ開演です。
外が明るいのでなんだか変な感じ。
(天井付近窓ガラスから明かりが入って来るのです。)

幕張GIGの感想を「ダメだ」と言う人が多いけれど、
思うに、Zepp2daysに行けたからそういうことが言えるんじゃないかな、と。
夏フェスを1本も見てない、ヤサモサツアー2本目の私としては
「同じものをまた見られる!」という喜びの方が大きくて。
たしかに音は悪いし、ステージは見えないし、客のマナーも最悪だったけど
私は評論家じゃないので、それはそれでいいんじゃないかと。
敢えてスペシアルな内容にしなかったのは
ヤサモサツアーを体験してない人への配慮だったんじゃないかと。
まあ、人間なんてエゴの塊ですから
自分を基準に考えてしまうのは仕方がないと思いますけどね。
幕張メッセでやりたかった、というよりは
地元・千葉県で、新生・氣志團としての初めてのツアーを締めくくることに
意義があったのではないでしょうか。

内容は割と覚えてるんですが、詳しく書いてまたなんか言われてもイヤなので
なるべく軽めに行きます。
ま、DVDが出れば私の記憶がいかにウロで間違いだらけってことがわかるでしょうけどね。

セットリスト
01.房総スカイラインファントム
02.朝が来るたび
03.夢見る頃を過ぎても
(MC)
04.ゴッド・スピード・ユー
05.キラ キラ!
(MC)
06.一瞬の夏
07.You & Me Song
08.スウィンギン・ニッポン
09.クラブやっさいもっさい
10.朝焼けBANZAI
11.BOY’S BRAVO!
12.俺たちには土曜日しかない
13.One Night Canival
14.黒い太陽

EN1
01.アンコウさんの小芝居
02.夕焼けワンワン
03.モエラモエラ
04.THE GREAT SATSUMANIAN DEATH ROCK
05.ゆかいな仲間たち

EN2
01.愛・羅・武・勇(タイトルコールはなかったけれど絶対そうだよ!)
02.恋人
03.鉄のハート


まずは小芝居なわけですが
会場にバルコニー状の部分がないのですよ。
一体どうするのかと思ったら、何と映像でした。
だけどどうやら生っぽい。(理由は後述。)

例によって房総の狂犬こと稲村ダン登場。
ちなみに赤いTシャツの文字は「房スカ」。

ダ:「でっけえー!さすが幕張!でっけえなあ!」
ダ:「キスキスキス!」
とかやっていると
「越後の狂犬さんですか?」と、青き稲妻こと泉キコちゃんが登場。
キコちゃん、黒ぶちのまん丸メガネなんてかけてたっけか。
ダ:「いかにも俺が房総の狂犬っすけど。」
自己紹介するキコ。
そして、シータ(シーナじゃなかったんだね)登場。
ダ:「もしやあなたがオレンジ組の!」
シ:「カッ…ン……さき…じり…オレン…み………」

うわあ、

声が

おくれて

聞こえて

来るよ?


じゃなくて、


なに言ってるかわかんねえよ?


3人はイヤーマイクをして喋っているのですが、
シータのだけいきなり音声が聞こえないんです。
その後も途切れ途切れで。
あーあ。やっちゃった。

そんなアクシデントにもめげず、無事にオフ会の待ち合わせを果たした3人は
ダンの提案で気合入れをすることに。
円陣を組んでノリノリのダンとキコ。
「ガーッツ氣志團!」

シ:「やるなら2人でやって!私そういうの嫌いだし!」
この辺でスタッフからハンドマイクが届きます。
(ここが生でやってたんか!と思った所以。実はステージでやってたみたいですね。)
マイクを差し入れられて、ものすごいほっとした顔をするダン。

空気を嫁る(笑)キコちゃんが話題転換。
キ:「ダン君て昔すごいワルだったんだってー」
シ:「へえーどれくらい?」
ダンさんは、氣志團さん的に言うと「エヴリディエヴリナイ」悪かったそうな。
族の頭をやっていたよしみで今でも舎弟が600人集まるし、
建設会社の社長を助けてリーマンやってたこともある。
というサラリーマン金太郎的なダンの武勇伝が終わると
シータがダンに絡みます。
シ:「悪かったってことは、バイク乗ってましたよね?なんの機種に乗ってたんですかぁ?」
ダ:「バイクっすよー、バイクぅ。」
シ:「そうじゃなくて、機種ですよ、き・しゅ。」
ダ:「PJほにゃほにゃほにゃほにゃ」
シ:「それは機種でしょ?どこのバイクですかぁ?」
ダ:「トっ・トヨタ?」(Whyなぜに疑問形?)
シ:「高かったんじゃないんですかぁ?」
ダ:「いっ、いやあ、げ・月賦っすよ!」

話題を転換しようとキコちゃんがうちわを取り出す。
そして、
「ホールならまだしも、後ろの人の迷惑になるからスタンディングでうちわは止めようね。」
とシータから注意がされると
ダ:「激しく同意!」
キ:「勉強になりまつ!」

まつ?
それよりも脚本に「禿同」とか書いてあったらどうしようと思いますた。

シ:「気をつけようZ!」
真似してZを作るダンとキコと、7割くらいの客。

その後、キコちゃんがランマ人形をみつけ
シータが得意げに「サー!」「サー!」と効果音(笑)つきで手すりの上を歩かせ
ダンが「さすがオレンジ組!」と持ち上げると
シ:「カッチーン!だーかーらー、私は紫混じりのオレンジ組だって言ってるでしょー!」
キ:「何が紫混じりのオレンジ組よ!私はキッシーズに入った時から純粋な青組!」
シ:「何が青よ!あんなの黒じゃない!」
(客席爆笑)

で、ホテイTシャツの話に。

キ:「光ちゃんは純粋なの!だから私はフォーエバーブルー。」
シ:「ハイ!キコちゃん、逝ってよし!ほんとにそんなの信じてるの?あいつ絶対喋れるから!」
キ:「キー!ランマなんか落っこっちゃえ!」

ランマ落下。

シ:「こんなこともあろうかと」
セーフティーロープつきのランマを無事回収。
しかし、なおも続く小競り合い。
毎回思うけど、微熱の小競り合いの芝居は天才的にすばらしいね。

キ:「むしろ喋れないのはオレンジの方じゃない!」
シ:「違いますー!ランマきゅんは上手に日本語が喋れますー!」

ランマ、

きゅん?


ダ:「ちょっとちょっと!何組とか抜きにして楽しまなきゃ!」

シ: 「コスは黙ってろよ!

キ:「そろそろ始まるんじゃない?」
ダ:「行こうぜ!ピリオドの向こうへ!」
3人:「氣志團ー!」(て呼んでたような気が)
3人:「あっ!始まるよ!」




字幕。

しかし、


見えないので割愛。

(SEはワンナイオーケストラバージョン。)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。