ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕張GIG (その4)
◆おしえて悩み相談室◆

Q:庭がジャングルパークになってしまい困っています。一体どうすれば? (栃木県・33歳・女性)
A:あと2ヶ月も待てば時間が解決してくれるでしょう。

Q:ブログのトミーの文章が暑苦しくてたまらないのですが。(栃木県・33歳・女性)
A:あれを途中まで團長の文章だと思っていたことは内緒にしておいた方がいいですよ。

Q:ランマの文章がうまくなっているような気がするのですが。(栃木県・33歳・女性)
A:気のせいです。松ぼうと比べてはいけません。


天高く、ミケさんも肥ゆる秋。
ヤバイ!太い!間違いない!
二の腕ぷるぷる。アゴ二重。
(くそう、目は一重なくせに!)
足には時々セルライト。
これがいわゆる中年太り…?!
イーーヤーーーー!!>カウチポテト(死語)をしながら

Q:やせるにはどうすれば?(栃木県・33歳・女性)
A:がんばりなさい。


…わかった、がんばるよ、俺。(何を?)


オズマは見事にハズレました。
が、しかし!
タンデムシートに乗せてくださるという女神様(しかも美人。それも超。)がいらっしゃいまして。
なんと、連れていっていただけることになりました!
いつもいつもおこぼれをいただいてしまいすみません。
そしてありがとうございます。

先行予約は12月・1月・2月の月初にひとつづつ、合計3公演申し込みました。
楽しい企みがあるので行き先はまだ秘密だけど、遠征もしちゃうもんね!
あとは、3月の北見に行けば完璧なんですけど
…それはお財布と相談しよう。そうしよう。


もう記憶が相当ヤバイのですが、とっととアンコール。
(悪いけど、長いよ!その上間違ってるよ!)
本編が終わり、やれやれと腰を降ろすとすぐに(体感時間につきフィクションです)
ルーアンココールが起きてアンコウさん登場。
波の音は聞こえず、出てくるのがすごく早かったような気がする。
ちょうちん、と言うより「バカ殿」のちょんまげに見えて仕方がありませんでした。
または「ガッツだぜ!」(ウルフルズ)のPVでのトータス松本のような。

ガレッジセールかちゅらさんかっつう沖縄訛りで喋りまくっていた
アンコウさんの台詞を、覚えてる限り箇条書きします。

・「おじさんはさっきまで録りだめしてあった『女の60分』と『クイズ年の差なんて』と『女の60分』を見ていた」
・「ハゲハゲ言うけど、おじさんはずっとハゲだから!」
・「悔しかったらお前らもハゲてみろ!ブス!」(←あんたはユッキか!)
・「年上に向かって失礼なこと言うヤツはビンタくれてやるから、各ブロックから代表者を出せ!」
・「リーダーを出せ!」

そして唐突にこんなことを言いだします。

・「今日は、ビッグニュースがあります!!」

えー!なになにー?


「おじさんは狂ってます!」


そんなのとっくに知ってます!


・「パンツにうんこついてます!」
・「あっ、帰って消防行かなきゃ」
・「おうおう、やんのか!」(「やんねーよ!」)←アンコウさん自分ツッコミ

輝矢って出来る子だねえ。(そこは誉めるとこじゃありません)

・「このカナリアは喋るんだよ?」

カナリア:「こんにちは!アンコウさんはステキな人です。
駅前の倒れた自転車を起こしたりしてるんだよ!」

あのー、カナリアの声がアンコウさんの声と同じなんですが(笑)
(アンコウさん、野球選手の伝達みたいに口元を手で押さえて喋ってます)
ていうか、緑色のカナリアって。

で、ようやく
・「アレ?呼んでない?呼ばれてない?」
・「アンコールって言ってたのけ?」
・「アンコールっつったら、ミュージック用語じゃないのけ?」

で、ドラムセットに気づいて大げさに驚き
・「いしだん?医者か?」
・「違うの?氣志團?」
・「あー、知ってるよロックバンズだろ?」 (なぜ複数形なんだろう)
・「氣志團つったらアレだろ?」
おもむろに歌いだすアンコウさん。
・「ガラスの少年時代を~♪」
・「盗んだバイクで走り出す~♪」

違います違います(笑)
見事な替え歌にお客さん大喜び。
アンコウさんのひとり芝居はまだまだ続きます。

・「アンコールのやり方がおじさんの若い頃と違うな」
・「おじさんがスンディ・ローパーを見に行った時と違う」(なんで突然東北訛り?)
・「おじさんはルーアンコのやり過ぎで腕が折れたんだ」
・「治りかけるとルーアンコやってまた折れるからずっと折れっぱなし」
・「ずっとばっど○んこ○んこ%$#☆■~! 」

最後の呪文は志村けんが老婆の巫女さんに扮したコントでやるご祈祷っぽかった。

・「アンドウコウゾウ、30年目のアンコール!」

初めてフルネームを聞いちゃった。

・「エビバデセイ!」

という掛け声ののちに、とっととアンコール!に突入。
ノックもしてましたが野球とビルマの竪琴って…水島つながりでしょうか。
アンコウさんがノックしてたボールって團員のサインがしてあったんですってね。
そうやって前の方の人だけいい思いをしてればいいじゃない!

・大好き!
・レディナビゲーション!
・バッドコミュニケーション!

などの掛け声あり。Zeppの時はこれに全然気がつかなかった。
エビバデセイ!は、微熱ライブで聞いた「シェリーにくちづけ」の時と同じですね。
道理で上手いはずです。

アンコール前に帰った人が多かったのでだいぶ客が少なくなってはいたけど
それでもステージは見えず。
アンコウさんは生で見てこそ面白いのにもったいない。


■夕焼けワンワン

画面に字幕あり。
ピンクのハートの上に丸っちいフォントで「夕焼けワンワン」のテロップ。
下部にはフジテレビっぽいマークもあり。
たぶん、パロってあったのでしょうが細かい部分は見えませんでした。
ちっ!
(ちなみに今回はトオルさんの舌打ちは無し)

元気が出るテレビのテーマに乗って司会のトオルとキヨシが登場。
「…キヨシです」ももちろんあり。
ユキねえ・ヤスキヨ風味も入ってる?

えー!というわけで今週もはじまりました!
毎週、ステキなゲストをお迎えして
パンチの効いた曲を聞かせてもらう番組です。
夕焼けワンワン!イーヌ!


先週のゲストは電車男さんでした。

その前はたしか…?

念写男さんでしたねー。こう、白いものがもやもやと。

ぶえっへっへっへ。

こらえ切れずに吹き出すトミー。
名古屋…大阪だったか?であったイエロートンキーもそうですが
この辺は全部アドリブなのかもしれませんね。

そしてその前が

連射男。

高橋名人ですか。

そしてその前が





西園寺瞳さん。





エ゛ッ?!

どうしておでがー?!という顔のトミー。(たぶん)


…顔射男。
いやあ、だってそういうの好きでしょ?

(どこかの店?に行った時に手錠がおいてあり、みんながびっくりしている中でトミーは「普通に使うでしょー」と言ったそうな)

…というわけで、親御さんが見に来てますが
トミーが○○(←肝心な部分を忘れる俺)の店長時代のトリビアでした!
過激にロックンロール!(THE GOOD‐BYE)


とか言ってごまかしてたけど、そういうことはあんまり人前で言わない方がいいんじゃないかな。

んでもって、雪村モエラちゃん登場。(はしょるはしょる)
ここでも丸っちい字で字幕が出ていました。
出す曲出す曲、ミリオンヒットのモエラちゃんは
雑誌「シックスティーン」のモデルもしてるそうで。

(中略)←便利

そんなモエラちゃんは、家に帰るとかわいい天使が癒してくれるそう。

やだっ!あんたストーカー?!

いや、マネージャーさんから聞いて

マネージャーがストーカー!?

と、そこへ割って入るキヨシさん。


いや、ドコモの友達から教えてもらったんです。



工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工


いやーっ!!もう誰も信じない!! (絶叫)


レッサーパンダのブー太君が2足歩行で登場。
ブームが去る前にツアーが終わってよかったね。
(もうとっくに去ってるという話も)

するめとビールを片手に座り込むブー太君。
尻尾と背中が茶色いんだな。腹は白い。

ブー太君はなんと、2本足で立つことができるんですよ!

え?さっきも歩いてましたが

んで、ブー太君が立ち上がりモエラの歌へ。

イカくさくなってしまったので気分直しに聞いてください!モエラモエラ!

この日のモエラちゃんはやたら声が大きくてキヨシさんにも

テンションがおかしい

とつっこまれていました。
私もそう思いました。
曲名が「モエラモエラ」に変わっていたのは、もしかして安比で怒られたとか?

床の柄が一面、櫻十字になっているのに気がついたのはこの辺でした。
それにしても、画面にモエラちゃんしか写さないのはどうかと思います。
もっとドラムを写しやがれってんだよ!
ちょっとだけ黄色組の気持ちがわかった三十路の秋でした。
私の記憶が正しければ、幕張ではドラムが2バスになってたような気がしたのですが
どうだったでしょうか。

歌い終えたモエラちゃんにすり寄るキヨシさん。

ブラボー!ブラボー!ブラブラボー!

ぶらぶら?棒?
いやん、エッチね☆(←すみません、季節感がなくて。1年中春なんです。)

モエラちゃんが今はまっていることは?

バンドの追っかけでぇすイエイイエイ!

もしかしてそのバンドは学ラン着てますか?
大川興業ですか?
ぐるぐる映画館ですか?


あのぅ、すみません。
最後の方、團長がおっしゃっている意味がひとつもわかりません。

で、ようやくモエラちゃんのおっかけしてるバンドが判明し

ルシアンルーレットに会わせてあげようか?

え?

突然の申し出に戸惑うモエラちゃん。

会わせようかって言ってんの!

なぜか逆ギレするキヨシ。

どうして?知り合いなんですか?

うん、ちょっと上智で。
アメリカ民謡研究会の後輩なんだよね。


上智?(笑)

で、ルシアンルーレット登場。
画面に Lucy~en~roulette の文字が。
Zeppではまったく記憶がなかったのですがアベルは白いスーツだったんですね。
時折、右と左の顔にもマイクを向けて熱唱するアベル。
最後の「おかあさん」が胸に染みました。(ウソです)

曲が終わると例によってキヨシが発言。

ブラボーブラボーブラブラボー!
あざーっす!


うぃっす!

と答えるも、すかさず

過呼吸っすか?

とつっこまれるカインさん。
続けてキヨシさんが

お!皮ジャンじゃん!

と言うと

ありがとうございます

というよくわからない受け答えあり。

将軍の本名が北島ようすけだったのは覚えているのですが
石野まことが誰だったのか忘れてしまいました。

ゆかいな仲間が揃ったね!ということで、
番組のエンディングテーマの「ゆかいな仲間たち」へ。
行くわよー!というカウントが可愛らしい。
ソロパートでカイn じゃなかった、ランマの声が聞こえてなかったのは
マイクトラブルですか?
ここでもまた着ぐるみ人形が出てきて踊ってました。

今週もつつがなく終了しました!
リクエストの宛先はコチラ!

と言いながら指さしている人がいましたけれども
夕焼けワンワンは、なんと今週で打ち切りだそうです(笑)
イーヌ!

最後は、
小さくなってー小さくなってー
せーのーでやったー!


やった!ステージが見える!と期待したのに
小さくならない客が多いって何よ!
ちゃんとやろうよ!みんな!



■愛羅武勇
アカペラで始まったアンコール。
ぞくぞくしました。
そして確信しました。この曲のタイトルは愛羅武勇です。
いわば「スクールウォーズ」的な愛情表現を
早くアルバムで聴きたい。

■恋人
トミーと翔やんのハモリ復活。
光と翔やんの顔をくっつけてキスさせたりとアンコウさんはここでも大活躍。
骨折してる方の腕をギプスから出して踊ってました。

■鉄のハート
ソロパートのトミー部分
騒ぎやがるのサ
がちびまる子ちゃんの花輪君みたいでちょっといやだなと思いました。


曲が終わると右へ左へ駆けていき、
整列!という掛け声に合わせて丁寧に礼をする團員たち。
右の方に来た時に、最後くらいせめて肉眼で!と思って身を乗り出すと
はれ?團員がいません。
と思ったら、柱の影に隠れて見えなかっただけでした。

ロックンロール最高!
お前ら最高!
氣志團最高!


たしか、お前ら!の繰り返しの時に
翔やんが変なジェスチャーをしていたと思ったんですが、ここじゃなかったかも。

せーの、ぴょんぴょんぴょん!

ていうのもあったんですが(かわいかった)ここだったかなあ。

サボテンはなんとハートマーク。
可愛い。

メンバーがはけてしまったステージにひとり残った光がバック転を決めてGIG終了。
さあて帰ろ
って、ちょっと待ってください?
ED映像があるみたい。
曲は、ひどく暑かった日のラブソング/BAKUFU-SLUMP。
まさか開演前のSEとEDとで2回も同じ曲を聴くなんて思ってもみなかったので
いつの間にかてっきり開演前のは違う曲だと思い込んでしまい…
そりゃあ思いだせない訳ですよ。

映像は、夏フェスの追っかけ映像みたいな感じ。
You&Me SongのPV映像使いまわしてるでしょ?みたいな。
と思ったのは、ゼントを降ろしてるトミーが写ったからです。
あとは、農道らしき場所で4人で1台のスクーターに乗ってる映像とか(翔やんと、あと誰だっけ)
赤いハイビスカスの花を耳にかけてる松だとか(それはまるで2003年カレンダーのよう)
並木状になっている椰子の木陰から順番に顔を出す團員たちだとか。
映像が終わると、

YASSAI
MOSSAI
2005

という赤/黄色のグラデーションのかかったロゴが出て「完」の文字。

その後、
氣志團現象・新シリーズ!

かなんかの文字。
そしてツアータイトルの発表が。

氣志團学園
~愛羅武勇から始めよう~

直感しました。これはまた、学ラン着るなと。

最後に出た

氣ィつけて帰れよ!

で客がざわめいていましたが、そういえば久しぶりですね。



それにしても幕張では團長の声がよく出ていました。
團長の声は決して美しくはないけれど
少なくとも私にはモテモテですよ?(エルメス調)

所詮、團長の声なんてぽろりなんですけど
たまに 時々音程もはずすし歌詞も飛ばすしだけど
なんていうかすごく癒されるんです。
だから、それだけで満足出来たのかもしれません。
会いたくて会いたくてやっと会えた。
それだけで満足してしまったのかもしれません。

だって、欲を言えばきりがないんです。
もう少し画面が大きければ。
もう少し音響がよければ。
柱さえなければ。
雷電があれば。   ←どさくさにまぎれて
デリキスがあれば。 ←自分の要望を
127があれば。   ←書いてみた
「もし・たら・れば」を言い出したらきりがないんです。

私は元来、豪華1点主義というか
どこか1箇所輝いていれば他の部分は見なかったことに出来ると言う
非常に都合の良い性格 なので特にそう思うのかもしれませんが
You&Me Songの迫力の前に
「何かが起こる!」という煽り文句も
幕張のチケットが高かったこともすっかり忘れていました。

お目当ての部分は人それそれだと思うので
幕張でがっかりした人がいるのもわかるのですが
ご存知ですか?
誉めるよりけなす方が簡単だってことを。

團長の耳にも色んな声が聴こえていることと思います。
でも、私には決して手抜きには思えなかった。
すごく最高ではなかったけれども楽しかったんです。
それはたぶん、受身じゃなかったから。

その後、幕張の話題に一切触れないために
自己嫌悪に陥ってるんじゃないか、
自信をなくしてるんじゃないか、
などとファンからいらぬ心配をされている綾小路翔さんにおかれましては
次号のワッツインあたりで(←公式ブログじゃないところがミソ)
チクリとイヤミというか負け惜しみを言ってきそうな気がしますので(笑)
生暖かくその動向を見守ろうと思います。

ねえ團長。
そこにいた全員を満足させることなんてできないと思うんです。
でも、なるべくそれに近づける努力は尊いと思うし
だからこそあなたの汗は美しい。
あなたはなんのためにそこまで努力をするのですか?

一緒に「ピリオドの向こう」に行くためですよね?

氣志團学園、楽しみにしていますよ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。