ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DJオズマのアゲアゲ★EVERY 騎士!(その2)
>ねたばれコメントは控えようね。

それならコメント欄をオフにしておけばいいのに。 >公式ブログ


さて、いよいよ本編の始まり始まり。

以下、ネタバレ注意報。わぴこ。
それは余りに唐突だった。
余りに突然過ぎて、総立ちの客席が一瞬棒立ちになったくらいに
唐突だった。

映像スタート。



『いきなりですが

皆さんはDJオズマをご存知ですか?』


(テロップ)

注:以下、テロップ=『』で表記します


テロップと同時にどこかで聞いたようなナレーションが。
そうなんです!
最終章であった微熱オーディション映像のナレーターと同じ声なんです!
この「なんちゃって浅ヤン」リターンズなナレーター氏の報告によればDJオズマなる人物、
・フルネームが「尾妻野純直」で
・ラジオかんぱでパーソナリティーをしており
・木更津の海よりの地域に在住している
とのこと。
どうやら実在するらしい。
そしてなんと氣志團にも関係しているらしい。

むむぅ、誰なんだよDJオズマ!(ぼうよみ)

アフロヘアな人物の全身シルエットが写ったのち、再びテロップ。


『Who is 尾妻野純直?』



そして
「我々調査団はついに彼の自宅をつきとめ、調査員を送り込むことに成功しました!」
みたいな展開に。
オズマ宅を訪問する調査員。もちろんアポ無し。

この先まだまだ映像だな、と踏んで座った人が多かったのですが
前の方の人達が立ったままなので画面が見えず、再び総立ちになる客席。
映像はええぞう。

画面に写っているのは、切妻屋根にべージュ色の窯業系タイル外壁を組み合わせた
瀟洒な作りの洋風住宅。(本物のタイルを使っている時点でお金持ち確定。)
表札には「尾妻野」と書かれています。
だけどこの表札、白地に行書でずいぶんと安っぽい和風な感じ。
縦書きじゃないだけましだけど。
カメラはガレージへと潜入して行きます。

シャッターが開け放たれたガレージ。
切妻屋根が正面を向いてて階段があるということはロフトがあるわね。
間口が広い方に妻を向けた方が小屋裏を広く使えますから。
まず目につくのは、ゴールドに近いオレンジ色の外車。アメ車かな?
隣に黒っぽい小型車がもう1台。
そして外車の奥には木製のカウンターが。

「おや?人影が」(ナレーション)

カメラさん、ズームイン。
よく見ると、カウンターの奥で茶色いくりくりした髪の毛が動いています。
まっ、まさか
カウンター越しに顔を出すオズマ氏。スッピン。
うふ。もぐらたたきみたい

それにしても、ベート無の翔やんてどうしてこんなにかわいいんだろ。
昔は、例えばひろみGOみたいな超濃いー顔が好きだったのに
食べ物と同じで歳を取るとやっぱりこってりよりあっさりのが好きになるんですかね。
…って、翔やんの話なんか(なんか?)してる場合じゃないですよ。

カメラに気づいて慌ててそばにあったサングラスをかけるオズマ氏。

ハローCQ!DJオズマです!
Ride On Ride On!
SMILE LOCOMOTIONへようこそ!


(この台詞、捏造疑惑及び2次創作の可能性ダーイ。)

フレンドリーに調査員を迎え入れるDJオズマは
白フレームのサングラスが妙に似合うアフロヘイヤーの男の子でした。
お前に萌え萌え。


ここから先はガレージの中でのインタビューだと思いねえ。

―オリジナルグッズを作ってると伺いましたが?

そうなんですよ、キャップなんかも作っててー


と、今回のグッズのピンクい方のキャップを手にしながら答えるオズマ氏。
あのぅ、彼のお召し物に「HYSTERIC」と書いてあるのは気のせいですかね?
モスグリーンの半袖Tシャツにオレンジ色で「HYSTERIC」と書いてあるのは
錯覚ですかね?

―そのグッズはどこで買えるんですか?

あ、これは全部、




通 販 で す。




そして全部




代 引 で す。



どっかで聞いたな、この話(笑)
ご丁寧にテロップまで出していただいてごくろうさまです!
こちらとしては、本当にそうしてもらっても一向にかまわないんですよ。
だって、並ぶのやなんだもん。
並んだ挙句に買えないのはもっとやなんだもん。
こんばんは、今回何ひとつグッズを買ってない私です。←欲しいものがなかっただけだろ

オズマ氏の商品説明は続きます。
すごく生き生きしてたよね。この映像。

うちのTシャツにはね、

海水が練り込んであるの。

だから、着心地がすごくいい。
なんかね、

ザラッとして

すごくいい。

エエエエエ

ちなみにこのブランド、
DJホンダ
宇治田ミノル
Def tech
らの有名人も愛用しているそうです。誰だそれ。
中でもDef tech氏とは仲がよくてこの前一緒にご飯を食べたそうな。
一緒にロコモコを食べたそうな。

続いて腕時計のコレクション紹介。
透明で立方体なコレクションボックスがたくさん積み重ねてあった、ような気が、する。

これはね、オメガのシーマスター。

彼的にはCマスターか。
赤青フレームの防水時計を手にとり、海の男らしさをアピるオズマ氏。

―全部で何個くらいあるんですか?

数えたことないけど、だいたい 947個 くらい かな?

今何時?そうね、だいたいねー(笑
自分が着てる服装の総額をぱっと言える人みたいでやだなあと思いました。
ブランド物をありがたがり過ぎる人はどうも苦手です。

画面切り替わり、ユニクロによくあるエレクタっぽいラックが写されます。
このラック、上の方にスニーカー(コンバースのハイカットとか)が整然と並べてあり
下段はTシャツ。色分けして積み重ねてあるのでなんだか洋服売り場みたいです。
特に目立った点はありませんが?

―これは?

これはね、全部 海に落ちてたもの なんですよ。

エエエエエ
そんなことばっかり言ってると閻魔様に舌抜かれるぞ!

スニーカーを1足拾っちゃうと、もう片方が見つかるまで探さずにいられないんです。
2足揃えることが供養なんだよね。


と言うと、ラックに向かってパンパンと拍手。

2本〆です。

するとすかさずテロップが。


『も・もしや几帳面なA型?』


違います違います(笑)

そうこうするうち、カメラがGショックのコレクションを発見。

ああ、それは ヤシヴでGショック狩りしてた頃 のヤツですね。
今は NOバイオレンス ですよ。

『ヤシヴ(渋谷)でGショック狩り?』みたいなテロップが出たのですが
()付で渋谷、と説明しているのが親切だと思った。

続いて話題はサーフボードのコレクションへ。

―どうしてロングボードばかりなんですか?

男はね、たーだでかきゃいいと思ってるけど、女の子に言わせりゃそうじゃないんだよ。
でかきゃいいってもんじゃない。
…だけどやっぱりでかい・長い方がいいよなー。
だから俺はロングボードなんです。

あっ、冷たいプーアール茶飲む?

プーアール茶。


突然カメラさんにプーアール茶をすすめるDJオズマ。
この台詞の唐突加減がたまらなかった。
お・面白すぎる。


カメラは海へ。

ビッグウェンズデイ様を待ってもう8年だよ。

防波堤にもたれて海を見つめながらオズマ氏がつぶやきます。
キヨタカがどーのこーの言ってたのは杉山さんのことでしょうか。
丘サーファーだけど一応ウェットスーツは着てました。
ビッグウェンズデイ様は今日も来ず(と言っても3分くらいしか経ってないけど)
ロングボードを小脇に抱えて去って行く細い後ろ姿のシーンで映像は終わり。
最後はテロップ。

『今夜!アイツが』


『来る!』



『来る!』






『狂う!』



なんだか万博のユッキソロコーナーみたいですね。

(続く)


喉が痛いけど私は元気です。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。