ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氣志團学園栃木校 レポ(その4)
しばらく日記を更新しなかったために
「風邪でもひいてるんじゃないかと思って心配してたんですよ~」
というメールを2通くらいいただきました。
やさしさ、ありがとうございます!
おかげさまで、私は元気ぴんぴん(いえーい!)です!!
ほら、バカはナントカ、って言うしね!
アーンド、レポを楽しみにしてくれてた数少ない方々におかれましては
大変申し訳ございませんでした。
だけど、いや、ホレ、氣志團のGIGってさ、どうしても書くの面倒くさい場面ってあるやん?

むー、愛が足りないのかちら?
でも、立て続けに夢を見たんですよ。
2夜連続でこんな銀歯小説を。

夢(その1)
明らかに「笑っていいとも!」の収録スタジオ。
お客も満員、ステージにはタモリさんもいる。
なのに、なぜか「127」コールが起きていて。
でも翔やんの姿はどこにも見えず。
その光景を客席一番後ろの袖から見ている私。
そしたら、同じく一番後ろの客席に翔やんの好きな「いとうまい子」さんがいて、
なぜか全身に白い包帯をぐるぐる巻きにしていてなんだか少し恐ろしかった。
127はあっという間に終わってしまい、
これまたなぜか包帯をぐるぐる巻いた翔やんが私の元へやってきたのです。
えーと、リーゼントの形と、包帯から見えるはれぼったい目で識別しました。
って、まんま特攻の拓の武丸じゃないか。
そして、翔やんが目くばせをし、黒い太陽でするみたいに倒れこんで来たので
私はもちろん、はっし!と受け止めて。
すると、スタジオアルタ内だとばかり思っていたそこは船上で、
翔やん曰く「今日はこれから氣志團万博2006なんだ」とかで
ボートみたいなその船は水路を辿って木更津へと向かうのでした。
GIGの前段階で、着替えが無いとか慌ててるうちに目がさめてしまったのが
大変悔やまれます。
くそう、もうちょっとだったのに!(←何が?!)

夢(その2)
白い半袖Tシャツを着た「以下5名」がタテ1列に並んでジョギングをしている。
この寒いのにTシャツはびしょびしょ。
う~、寒そう!
私は土手みたいな場所からそれを見ていて、ふと、草むらに下敷きが落ちているのに気がつく。
アレ?人の顔が印刷してあるよ?
近寄ってみると、さすが夢です。
それは下敷きなんかではなく、本物でした。
本物の翔やんでした。
なんでこんなところに落ちてんの?あなた?
まさか、本人が土手に落ちているなんて夢にも思わないですから(←夢の中なのに)
それはそれはびっくりしましたさ。
取りあえず、両手でほっぺたを触ってみたりして。

ぺたぺたぺたぺた

ん?

翔やんのほっぺ、かたーい☆

目が覚めると
私の片手はしっかりとめざまし時計を触っていましたとさ。
うーん、ひんやり。
とっぴんぱらりのぷう。


以下、ネタバレ。

S4映像簡潔編。


まず、『赤札とは?』というテロップが出た後に説明が始まります。


ロッカーに赤札が貼られる

貼られた人は、自分を除く学園中の生徒全員から嫌がらせを執行され、
例えば、ロッカーの中に生きたニシキ蛇を入れられるなど
それはそれは悲惨な目に遭う

赤札の威力がどれほどすごいのかを実証するために
過去の赤札経験者の顔写真が紹介される
ビフォー(健康)
アフター(げっそり)

などなど。

過去にこれを貼られて学校を去らなかった者がいないほど、
赤札とはとにかく恐ろしいものらしい。
そして、その赤札を影で操っている人物がいるらしい。
その黒幕とは…?!

『 S A D I S T I C 4 』 (サディスティック・フォー)

(1文字ずつテロップ)

※ネタ元の「花より男子」では、FLOWER4=F4という名称。


映像はSADISTIC4、通称「S4」のメンバー紹介へ。
プロフィールの他にも、項目毎に分けていちいち映像で紹介してた気がするんだけど
面倒なので 長くなりそうなので簡潔に。

◆高円寺司…輝矢
財閥の御曹司。
性質は野蛮かつ粗暴。
学園を牛耳っている。

◆下井草総二郎…純平
茶道の家元の御曹司。
学業の傍らでモデルをしており、半ケツを惜しげもなく晒した写真集も出している。
抱かれたい男№1。

◆乃木坂あきら…プリオ
スウェーデン大使の父と、ナントカとのハーフの母を持つ。
(有閑倶楽部の美童グランマニエと同じプロフで笑ったのは確か。)
女たらしで年上キラー。

◆府中類…ニカケン
数々の伝説を持ち、中でも牛殺しは有名。
子泣き爺とマブダチ。
ベッカムの生まれ変わり。

高円寺君と乃木坂君はネタ元のキャラと髪型がそっくりです。

この4人は「純情100%」という曲でCDデビューも果たしており
インディーズチャートで1位にランクインしているそうな。

で、長い長い映像がようやく終わり。
白いスーツっていうか学ラン?を纏ったS4登場。
「純情100%」を振り付きで、激しくそして高らかに歌い上げます。
サビ部分で首にかけていた白いタオルマフラーを振り回したり
アイドルチックな曲調で、なかなか悪くないですよこれ。
にしても、総二郎ー!!とか、司ー!とか
早速役名で声援を送るファンには脱帽しました。
さすが、若い子は順応性が早いわね。

歌い終ると、S4メンバーがひとりづつ自己紹介。
あー、それはさっき聞いたから!
ということで割愛しますが、ひとことで言えば輝矢祭りでした。

S4の手下に手を引かれ、赤札を貼られた女子がステージに連れて来られます。
彼女を連れて来た手下にチップを渡す高円寺司。

「はい、600万円。」

(千円を1千万円、とか言うオヤジギャグでは決してなく。)

どうして彼女が赤札のターゲットにされたのかの説明が始まります。

司:「おまえ、S4サイアクって言っただろ!」

女子:「言ってません!テストサイアク、って言ったんです!」

司:「テストサイアク、エスフォ…サイアク、…エスフォーサイアク。」

女子:「だから言ってませんてば!」

金あるしコネもあるし、
カツゼツの悪さなんて自慢できるもんでもないし。

司:「あと、ツカサムカツク、って言っただろ!」

女子:「言ってません、すかさず担ぐ、って言ったんです!」

司:「担ぐって何を?」

女子:「…タンスを。」

司:「1人で?」

女子:「…4人で。」

司:「あー、4人ならね、なんとかなるわな。ハイそっち持ってー、せーの!」

(四隅を持って空中の何かを持ち上げるS4の面々。)

司:「って、んなわけないだろーッ!! …脱げよ。

なぜ。

司:「お前が脱ぐか、お前の父親の会社を倒産させるか。どっちかだ!」

だからどうして。

ぬーげ!ぬーげ!とはやしたてるS4。
泣く泣く服を脱ぎ始める女子。
非道いよこわいよさむいよー。

しかし、そうはいかんざき。
どこからか流れてくるバイオリンの音色に気を取られるS4。
女子はこの隙に逃げたものと思われます。

ステージ後方より、バイオリンを手にしたひかたん登場。
ボタン全開の学ラン、インには赤×黒のボーダーシャツ。
裾がカットオフしてあるズボンからキュートなスネ毛をたなびかせ、
素足に高下駄、そして口には葉っぱ、というドカベン風ないでたちで
得意そうにバイオリンを弾き続けます。

S4:「お前、同じとこしか弾けねえのかよ!」

光:「;□☆♪$&!!

類:「アイツ、喧嘩売ってるよ。」

光:「;□☆♪$&!!」(←手抜きだー!)

類:「アイツのお母さん、最近エステ行きはじめたって。」

次々とヒカ語を訳す類に驚くS4の面々、と私。
すげえな、類。(笑)

で、「気に食わねえ!やっちまえ!」みたいな流れになって、光 VS S4の戦いに。


■きゃつをマークしろ!

実は、さっきの小芝居の間中、
ユッキだけ自分の持ち場についているのが見えていたので
この流れはなんとなーく読めていました。
楽器隊も出て来て生演奏。
衣装はオープニングと同じだったと思いました。
残念なことに、グギゴ!はSEだったようです。
なまむぎなまごめなまぐぎご。

絵ヅラ的に寂しかったのか、敵役としてS4に加えてSPのオネエチャン達までもが現れ
ひかたん大忙し。
刑事物語の武田鉄矢ばりにハンガーを使って戦ったりと
例によって、殺陣っぽいわけですよ。
ひかたんオンステージなわけですよ。
となると、どうしたって私はダレるわけですよ。

…。
…。
…。

フウー、敵は全部倒した!
アッパレ、ひかたん!よくやった!
早く次行こうよ、次!次!

と思ったのも束の間。
ステージ後方より、バットを手にしたS4登場。

えー?まだ続くの?(←そういう問題じゃありません)

足元に転がる偽S4を見ながらうろたえるひかたん。
そう。さっきやられたS4は、金で雇われた偽者だったのです。
倒れていた替え玉君達にチップを渡す司。

「はい、900万円。よーし、集団リンチにしてやろうぜ!」

バットでボコられるひかたん。
すぐに暗転、天井から吊るされるひかたん人形。
ほんと、これ好きね、君らは(笑)
とくれば、あのナレーション。

「早乙女光、享年16才。精神年齢4才。明るくなんちゃらかんちゃらな青年の
あまりに短い生涯であった…。」

『暗黒の帝王として君臨するS4。氣志團学園の未来やいかに!!』

みたいなテロップが出て再び映像へ。

(まだまだ続く)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。