ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群馬GIGに行って参りました。
「沖縄に行くんじゃろ?」

(BGM:「CLOSE YOUR EYES」/長渕剛)

そんな声があちこちから聞こえてくる今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか。
私は禁煙生活11日目を乗り切りましたよ!




かなしいときー

モモコTシャツに合わせて髪をポニーテールにしたら

これからママさんバレーの試合ですか?

と夫に言われたときー

だけど、言われてみれば確かにユニフォームっぽいと思った。


かなしいときー

ツアー中、2回連続で一番端っこの席が来たときー

1ヶ月前の栃木で一番左端、
今回の群馬で一番右端というこのミラクル。
狙ったってなかなか出来ることじゃありません。

以下、感想を箇条書きで。
ネタバレ注意。 

(長い)
・群馬音楽センターの公衆電話ボックスはギターの形をしているのさ
・さすが、氷室京介を生んだ街・高崎
・それにしてもコスが多いな
・さすが、氷室京介を生んだm
・群馬音楽センターは客席の奥行きがとても浅くて
・最後尾でも33列という
・そして横幅は80番まであるという
・しかも2階席は無しで
・つまりは、横に長い平屋な会場で
・翔やん曰く「日本一小さな会場だから、ライブハウスみたいで楽しい☆」とのこと
・「一番後ろの顔まで見えてるぜ!」とのこと
・そのせいか群馬校はすごく一体感がありました
・ちなみに、私の席は後ろから数えた方が早かったですイエー
・でもよく見えたぜイエー

・SEの「六本木心中」が終わって間もなくGIGスタート
・栃木でも同じタイミングだったのですが六本木心中は始まりの合図なんでしょうか
・まずはオニツカ先生登場
・客電がついたままの会場で前説を始めるオニツカ先生
・これ、1ヶ月前にはなかった出し物ですよ
・氣志團学園に試験がない理由とか
・聞いてる時はおもしろかったんだけど
・今ではすっかり
・…。
・すっかり何だよ!
・GTOC!ぱぱん・ぱ・ぱんぱん
(テーハミング!ぱぱん・ぱ・ぱんぱんのパクリ)
・そして鐘が鳴って「氣志團学園開校!」
・オニツカ先生はここまで
・時計が3時半になっていたよ

・セットリストから雷電が消えたのが残念
・翔やんは声が掠れ気味で、心配したけど音を外すことはなく
・スウィンギン・ニッポンの途中に入るユッキのカウントに不覚にもズキュンドキュン

(MC)
・「入学おめでとうございます!」の後に染之助・染太郎の顔マネ
・翔やん!そんな、歯を出したらただでさえブサ(略
・嬉C~嬉C~に新バージョン登場
・嬉C~嬉C~嬉C~Z!
・グングングン!グンマ!
・グングンで両手を鳥のようにぱたぱた、グンマ!で両手をクロス
・適当にやった割にはかなり可愛い
・そしてメンバー紹介
・「クレイジーゴナクレイジーや!」松塾みたいな口調の松
・ユッキは「ルー」「大柴」のコール&レスポンスをひたすら繰り返し
・そういえば栃木レポに書き忘れたことがありました
・栃木ではアンコールでもメンバー紹介があって
・ユッキは本当は茶道部じゃなくて「サド部」なんだ、と言われていましたよ
・今回はなかったですねサド部発言
・ランマのは キャーキャー騒ぐ声がうるさくて聞こえませんでした
・らんまきゅんは声が小さい上にカツゼツが悪いから
・ただでさえ台詞が聞き取りにくいのですよ
・だから静かに聞こうよ
・好きなら聞こうよ
・バロ゛ー!
・のひとことだけで笑いが取れる生徒会長はあんまりいません

・デリキス前に自らマイクスタンドを運んでくるフロント2人
・チュッチュ!で相変わらず客に自分のほっぺたを触らせていた翔やん
・触った子は1秒後に必ずぴょんぴょん飛びはねる法則
・それを見た私がハンケチを噛み締める法則
・やや!パラダイムのふりつけがなくなってる!
・あったのに!たしかに栃木ではあったのに!
・不評だったのかちら
・ひとりくねくねと踊りながら歌う翔やんを見ていて
・光がいなかったら氣志團てここまで人気出なかっただろうな、と思いました
・パラダイムはできればソロコーナーでランマに歌ってもらいたかった
・ツアーにしてもラジオにしてもランマコーナーを作ればいいのに、っていつも思います
・ランマ曲をランマが歌う、それだけでいいのに
・翔やんはギターをサポートしてあげればいいじゃない
・他の人も然り
・カラオケでもいいけど、氣志團の曲ならもっといい

・パラダイムを歌い終えた翔やんは一旦右の袖へ
・そして中ノ島大橋ブルーズで光と手を取り合って中央から再び登場
・萌え萌えは本当に可愛いなあ
・ダンサーを見てるだけでも楽しいなあ
・白いペチコートに萌え萌え
・私の近くに、上下揃いの黒いお洋服(背中に刺繍入)と白いタスキをお召しになった方がいらしたのですが
・GIG中、そのタスキがメイド服のエプロンに見えて仕方ありませんでした
・あ、どっちにしてもコスですね
・おにいちゃーん、は客席にマイク向けず
・不評だったのかちら
・そういえば、栃木ではアンケートがありませんでしたね

・S4映像ってこんなに長かったっけ
・でも意外に人気あんのな
・映像が始まるとすぐ司ー!とか総二郎!とか類ー!とか声援が飛んでました
・唯一声援が飛ばなかったあきらの母は元・貴族で日系ハーフ
・そんなあきらは登場してからずっとタオルを気にしていた
(肩にかけるもすぐに落ちてしまい、それは歌が始まってからも続いていた)
・「心頭を滅却すれば」自己紹介で声が裏返る純平
・S4の歌に合わせてタオルを振り回している人の多さにびっくり
・あれは7割くらいやってたんじゃないかしら

・バイオリンの音色に乗って右上段からひかたん登場
・しかし、私の席からだと音はすれども姿は見えず
・それはそれでおもしろかったんですけどね
・中央の階段付近に脱ぎっぱなしの下駄発見
・下駄は偽S4の人が退場する際に片付けていました
・いつも格好つけてた光、好きだったよ
・僕、わかるんだー
・なんていうの?カギっ子?
・こう、首にカギをぶらさげてさ
・家に帰ると500円とか100円とか置いてあって
・これで何でも好きなもの買いなさい、って
・でも、僕が欲しかったのはそんなものじゃない
・ほんの少しでもいい、パパやママと一緒に過ごす時間だった
・あんた達もそうでしょ?
・なまじっかお金持ちの家に生まれたばっかりに
・洋服とか何でも好きなだけ買い与えられて
・好きな人が自分から離れて行ってしまうのが怖いから
・触るものみな傷つけて
・でももう大丈夫だよ?
・こっちにおいで?
・僕が友達になってあげる!
・雪之丞、脱ぎます!
・だからどうして脱ぐのか
・でもあの長台詞を朗々と演じられるユッキはすごいね優秀だね
・松は相変わらずかわいくてリズムがおかしくて
・帽子は投げないまでも、最後に一応手で取ってました
・「松先輩、もちゃもちゃ(もちもち?)してますね」
・うー、私ももちもちしたい
・そうそう、松が運ばれる途中で帽子が落ちてしまったのですが
・それを拾ってご丁寧に元通りにかぶせてあげるあきら
・さすがマネージャー
・まあ、すぐ後に生首(帽子つき)が出て来るからね
・動物が全部ランマの顔!(笑)
・エスフォー!(カクカク)
・トミー、あなたを氣志團にしておくのは本当に惜しいと思うの
・サラリーマンになれば出世間違い無しなのに

・翔やんとトミーの会話

翔:これでツアー最後まで行くつもり?
ト:まあ、本家が持てば(苦笑)
ト:でも俺、嫌いじゃないし

・そんなトミーを嫌いじゃない私
・氣志團学園ロボに書いてあった文字は「文部科学省」
・顔(操縦席)がマジンガーZなのに曲がゲッターロボの謎
・翔やん、ロボットものには興味ないからなあ
・ロボを操作するために袖でてんやわんやするスタッフの様子がおかしかった
・ロボの操縦席は團長にあらず
・真の操縦席は左袖にあり
・ボールも学園の大切な備品です、拾った人はすみやかに係員に返却してね、との注意あり
・時間短縮のためか校歌斉唱は5番のみ
・愛羅武勇前の「ひたむきに前向きにがんばる俺のちょっといい話」のコーナーで
・「ま、だからって生首見せられてもな」発言あり
・え?
・いい話の内容?
・そんな昔のことは忘れたよ
・季節商品のSLSに変わりまして代打「マブダチ」入ります
・You&Me Songの方がよかった人は挙手!
・はいはいはいはい!
・ミケさん、静粛に
・ケーキが傾いてるのがとても気になるの
・ケーキの台を片付けるのはやはり團長の仕事
・どう考えてもそれは光の仕事なのに
・なんだかすごく嬉しそうに片付ける團長
・しかし光はケーキとナイフで闘うの図
・星条旗ベースのダンサーの衣装が可愛い
・マブダチのふりつけは意外と簡単かもしんない
・フリを覚えるにはやはり早乙女さんの動きを見るに限るね、と再確認
・曲後半の集団横移動に大爆笑
・妖精学ランだとすごい違和感
・今までは白い衣装だったからさほど気にならなかったんだと思う
・ああゆかいだな
・ワンナイのイントロを「あっ!」とか「うっ!」とかで引っぱる翔やん
・グングングンマ再び
・微熱がアバジャルック(←ややこしい)に着替えるのを待っていたらしい
・愛しているのさ、お前らを愛しているのさ
・上着を脱いでキラキラ!へ
・久々に見る赤いサテンの水玉シャツにハアハア
・サボテンは×
・光に馬とびの構えをさせて、それを土台にして翔やん背面飛び
・1回失敗してやり直し
・どうやら「帰りたくない病」を発症した翔やん
・ハケる際に拳を上げて「オイ!オイ!オイ!オイ!」みたいなコール&レスポンスあり

(アンコール)
・ステージのヘリをてろてろ歩きながらしかない!をする翔やん
・いつも同じバージョンというわけではないらしい
・なので途中からDOYOUBIをやってみることに
・なんだ、意外と出来るじゃん!
・と思っているのは自分だけ
・黒い太陽はハンドマイクで
・「答辞代わりに1曲」ということで俺とお前とグッドラックへ
・「じゃあ俺はこれがいいな!」
・ちゃっかりドラムセットの前に腰掛けるオニツカ先生
・ここでもGTOCをやった気がする
・曲前に長いトークあり
・だけどとってもいい雰囲気で
・いつまでも聞いていたいような
・そんな感じの座談会でした
・「いいですか、これはブレザーです」
・「トミーはタクシー運転手じゃありません」
・「いいですか、これはブレザーです」
・「トミーはバスの運転手でもありません」
・「鹿児島実業、(高校サッカー)惜しかったね」
・以上、すべて翔やんの発言
・興味なさそうなダブドラに対して「鹿児島実業に入る頭なかったんだろ?」との失礼な発言もあり

・「前の日に仕事が入ってて、今日の朝起きられなさそうだったから前乗りしてたんです」と翔やん
・えー!と残念がる会場
・翔やんと輝矢の二人で前乗りしたそうです
・「しかしあれだね、高崎はコンビニの前にヤンキーが多すぎだね」
・大ウケの会場
・輝矢はモノホンのヤンキーに本気でガン飛ばしてたそうで
・翔やんは、そんな輝矢に向かって「やめろよ!やめろよ!」と止めてたそうな

・トミーの「群馬は前橋××(ライブハウスの名前)でしたっけ?」というフリから
・俺の親友が高崎に住んでいるという話へ
・「なんだっけ?ほら、ナントカ川の近くだったんですよ」
・「泊まりに来て、一緒に釣りしたりしたんですよ」
・ひとり思い出に浸るトミー
・しかし、そのナントカ川、あまりに長いので地名が特定出来ず
・話の最中、ずっとぽろぽろぽろギターを鳴らしていたランマ
・ここぞとばかりに残念そうな音を出す
・会場大ウケ
・だけど、それはこの話じゃなかったかもしれない

・「俺もね、前に雑誌で連載してる時に高崎に来たことあるよ」
・ということで今度は翔やんの話
・雑誌の連載、というのは『音楽生活』という雑誌にあったコーナー
・『夕暮れオンマイビート~ルーツを探る旅』を指していると思われます
・ちなみに第1回はBOφWYでした
・翔やんの話によれば「俺も、ヒムロックの実家を探しに行ったりしましたけどねえ」
・「だけど、今俺の実家に来るヤツに対してすげえムカついてる!」
・「だって、ポストに入らないくらいの大きさの肉とか置いてくんだぜ?」
・ポストに肉、ってどんなファンですか
・もしかして、鳩の代わり?
・トミーから質問「團長もヒムロックの家のポストに肉入れたんですか?」
・翔やんの返答「入れないよ~、だって肉屋だもん」
・トミーの返答「肉屋?ヒムロックの実家って肉屋なの?」
・翔やんは「そうだよ」とあっさり返答
・あれ?それって有名な話じゃないの?
・ヒムロックと山田かまちは友達だとかね
・「ああ、ヒムロックに対してあんなことしたから肉を入れられるんだ」
・で、話終わり
・「行ったんだけど、ちょうど休みだったのよ~」という発言もあったのですが
・何が休みだったのかわからず
・端っこは音が聞き取りづらいのが難点
(後で教えてもらったのですが、休みだったのは「山田かまち美術館」でした。ありがとう!>夏太郎さん)

・涙BOY涙GIRLでどうして納得行かなかったのかわかった!
・微熱がでてくるまでは間違いなく楽しかったんです
・まあ、微熱が出てきてからも手を振るのだけはやったし、パンパン!もやったよ
・だけど、なんで最後に輝矢と手をつなぐの?
・光、翔やん、輝矢の3人で手をつないでる姿を見てものすごい違和感を感じました
・最後は小さくなって小さくなってせーのーでやったー
・本当に小さくなった?と確認あり
・またしても翔やんのコール&レスポンスあり
・全体で、左で、右で、中央で合計4回
・翔やんがすんごい楽しそうで、見てるこっちも嬉しくなってしまう光景でした

(ED映像)
・ユッキのお店は看板が白鳥のマーク
・松は拳銃の運び屋だったのね
・なら、逮捕されるべきは松じゃないのか

・では、最後に
・ミケさん、何か言いたいことは?


・さ・最悪や!


・オイラの栃木レポ、最悪や!
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。