ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氣志團学園 沖縄校(その5)
ふう。
危ない橋をやっと渡り終わりました。
バカみたいに長いのでご注意。
EN1

■俺たちには土曜日しかない

ツアー6本目ともなると慣れたもので
右目でしかない!を見つつ、
左目で早乙女さんのふりつけを見つつ、
DOYOUBIをやるという芸当ができるようになりました。
右手でモーション!左でアクション!
いけないカラダコミュニケーション!

あ。これは違うバンドの曲ですね。

しかない!で金特攻の上着を脱ぐのがデフォのようで
やらしい脱ぎ方をする綾小路さん。
目が離れてます。
じゃなくて
目が離せません。
小出しにすなーッ!

SAY GOOD BYE~のとこで
耳の横に手を当ててウサギさんみたいにやる翔やんが
かわいくてたまらん!と、ずっと書こうと思ってて忘れてました。
(声に出して読みたい変な日本語)

おりしもGIG日はサタデーナイト。
GIGを終え、タクシーを拾おうと大通りに出ると
イキのいい現役の方達が道路を占拠していらっしゃるわけですよ。
あ、現役の方というのは土曜日しかない音速の天使達のことですね。
それを見た私たちの会話。

「さすがサタデーナイト!」
「イエーイ サタデーナーイ♪」
「HEY!HEY!HEY!」

友よ!ふりつけまでつけてくれるあなたが大好きです!
俺たちZUTTO、氣志團バカでいような。

ここには書かないけど、旗に書かれてあったチーム名が忘れられません。


■You & Me Song

野外ステージ。
しかもすぐ裏は海。
初夏の日差し。(もう夜だけど)
時折吹き抜けていく潮風。

役者、揃いすぎ!
なんつったってPVのロケ地だもんな沖縄。
まさかこんな、最高のロケーションで聴けるなんて!

頬をなでていく夜風の涼しさも手伝って、
気分はすっかり「森山直太朗」と書いて「夏の終わり」。
もしくは「感傷的」と書いて「センチメンタル」。
切なさを殺せずに、ちょっぴり涙ぐんでみたり。

Youで翔やんを指差し、Meで自分を指差す
というオリジナルなふりつけをしていたんですが
私ってバカだなあ。

サヨナラ サヨナラ 好きな人

別れてるやん!

段上中央に運ばれてきた青いティンパニーを、
上半身裸な早乙女さんがどんどこどんどこ叩いてるうちに
スティックの先に巻いてあった白い布がかなり早い段階からほどけはじめてしまいまして
ひらひらしているそれが気になって仕方ありませんでした。
新体操の選手かっつうの。
最後までもってよかった。

夏フェス出るならこの曲は必須ですぜ、綾小路の旦那。


■黒い太陽

夜の女神に~ドンファン!部分を対になって踊るのがすごい楽しい。
その時に必ず目が合うのがうれしい。
翔やんと一緒に倒れるのが愉快。

間奏のふりつけが未だに覚えられませんが何か。

曲が終わると、翔やんはいつものように助走をつけ、
早乙女さんの背中を踏み台にして大きくジャンプ。
少しだけ早乙女さんを不憫に思いました。
何も足蹴にしなくてもよかろうに。


■エンディング(君の瞳に恋してる)

左端の人 は絶対計算だよね!
だって52本もやってるのに!
あんなのってありかよ!
絶対おかしいって!!


小さくなって…せーのーでやったー!
最後は6人つながって電車ごっこで退場。
きゃふー。かわええ。

「ラブバラッドは歌えない」が途中で切れ…てましたよね。
横浜でも切れてたような気が。


EN2
■GTOC

コポコポという水音。

!!

これまでの51本となんら変わりなくGTOC登場。
そしてポイズンを熱唱、ハリセンでトミーにはたかれて卒業生入場。

翔やんがYシャツを出してなかったのは、
やっぱりしつけが厳しかったからでしょうかね。
松のベルトはターコイズの飾りがついていました。


「歌とは何だ、綾小路。」

突然問いかけるGTOC。
なんかえらそうでむかつく(笑)
呼び捨てにすな!

歌とは…心、ですかね。

「そうだ!歌とは心だ!上手いこと言うな!」

じゃあ、先生にお聞きしたいんですが…
どうして歌は心なんですか?

一瞬固まるGTOC。
あははは。困ってる困ってる!
トミーに座布団1枚!

「歌とは…そうだ!フィーリングだ。その場のフィーリング。
その場のフィーリングで歌うことが大事なんだ。そうだろ?綾小路?」

そうなの。俺はね、その場のフィーリングでその時その時、その場にあった作詞をしてるの。
だからね、歌詞を間違ってるんじゃないの。

うははは!そっか!そうだよね!
で、GTOCの歌。
♪フィーリングなんちゃら~(←DA PAMPの曲だそうで)←教えてもらった
ノリノリのGTOCに手拍子で答える会場。
歌が終わると、翔やんはボソリとひとこと。

Coffee Scotch Mermaidですね。

※mcA・TはDA PAMPのプロデューサーなんだそうで(←教えてもらった)

そして、噺家さんみたいな声で続けます。

あんたはいいよねー。多芸で。
飲みに行ってもさ、電話番号教えて~☆って言われるのはいつもあんたばっかりじゃん。
黒いナマコ使ったりしてさ。

ナマコってあーた!
そんなしみじみ言われてもなあ。
GTOCが「亀の甲より年の功!」かなんか言ったら
亀、という単語に反応したのか(亀!)
あのこの悪い病気(中2女子病)が始まってしまいました。

俺は全然モテない。

あ、悪い病気というのは「そんなことないよー」って言ってほしい病気のことですよ。
綾小路さんの「モテる」の定義は、キャバクラで電話番号を聞かれるかどうかが基準なんですかね。
少なくとも私にはモテモテなのに。惜しい。(←惜しいとか言うな)

俺の話なんて全然おもしろくないし。


光は喋らないのにモテるしさ。

早乙女さんは顔がいいからなあ。ちっちゃいけど。

トミーはなんか隠れてこそこそやってるし。

名古屋で?

翔やんはさらにランマがどーの松がこーの言って
(だからその、どーのこーのが重要なのに!!ダブドラファンの方すみません!)

ちやほやされやがって!カミセンのやつらは死ねばいいのに。



何か気がついた風の翔やん。

そうなんだよ。
昔は、いつかこいつらを追い越してやる!と思ってたけど、
俺より上のチャートにいるやつが死ねばいいんだよ。

そして、フィーリングで歌いはじめる翔やん&GTOC。
今井
【Aメロ】※
S:どいつもー
G:どいつもー
S:こいつもー
G:こいつもー
2人:死になされ
【Bメロ】※※
S:死ね
G:死ね
(※ ※※延々と繰り返し)

なにこのどーしよーもない歌。
そして、簡易ドラムの後ろ辺りからGTOCが拳銃を差し出し、
それを受け取った翔やんは銃口を口に突き付け…

パキュー…ゥゥン

あーあ。さっきの愛羅武勇が台無し…。
氣志團は大好きだけど、GIG中のネタに「死」を使うのだけはどうしても好きになれません。
ましてや自殺なんて。
ダメ。絶対。

倒れた翔やんの元に駆け寄るメンバー達。
絶叫するGTOC。

「まだ16歳なのに!まだBまでしかしてないのに!」

すると、ボベ デッ、という聴きなれたあの音が。
え?それじゃなんだかわからない?
んもう!にぶい子ね!
ボベ、と言ったら仮装大賞の採点マシーンの音に決まってるじゃないの!
ステージ右手奥にPAがあったので、私の席からスタッフが丸見えだったのですが
顔がすごい笑ってた。

その後、デ、ボ、ビ、と点が入り(←耳鼻科へ行け)
採点マシーンの得点はトータル15点(たぶん。)
氣志團学園で誰も成し得なかった合格音が響き渡ると

翔やん、復活!

どうせ死人を蘇らせる儀式をやるのなら、
ここでもっかいSHAKEを踊ればよかったのに。
時間なんて気にしないでさ。
終電なんて気にしないでさ。
今日のお客さんは全員沖縄にお泊りなんだから!

人に死ぬな、っつっといて自分が死んだらダメだよな。
さっき、急遽、先生とふたりで考えたんだけど茶番でしたね。

「だね。」
ということで、先生にお帰りいただくことに。
GTOCコールを終えて袖へ歩き出した先生の後ろをなぜかついていく翔やん。
そして、「トンズラー!」と言いながら両手を上げて逃げていくGTOCの背中に向かって発砲。

さて、お礼参りも済んだところで。
今日はファイナルということですけれども。
長かったですねー。卒業するまで8年かかりましたからね。
どうですか。ツアーを振り返って。
…なにニヤニヤしてるんですか。

いや、ニヤニヤしてないですよ。

最初の頃は足し算しか出来なくてあれもこれもって感じだったんだけど
引き算を覚えたことが大きかったですね。
…なにニヤニヤしてるんですか。

いや、ニヤニヤしてないですよ。

トミーっていつもかわいそうなんだけど、
でもきっと、内心ではオイシイ!と思ってるはず。
だってきらいじゃないから!

死ぬほど憧れてた「ミュージシャン」ってやつに、
このツアーで少しだけ近づけた気がします。
だってさ、すごいことだよね?
俺が作った歌をみんなが知ってるんだから。
夜道でひとりで歌ってる時は職務質問しかされなかったけど
みんなが知っててくれるってすごいことだよ。

綾小路さん、ちょっと職務質問され過ぎじゃないですか?(笑)

でも、音楽は著作権があるからいいよね。
住宅業界なんて著作権がないから無法地帯。
デザインなんてパクられ放題ですよ。
まあ、負けずにこっちもパクり返すんですけど。

でも、前半はぶつかりましたね。
ランマ、「カス」なんて言っちゃダメだよ!とか。
トミーはギターを投げつけて急に「FUCK!」とか言うし。
松はリハーサルを全部、ローディーの工藤弟に弾かせるし。
ランマと一緒に出てったなあと思ったら、歯が折れたユッキが顔腫らして戻ってくるし。
で、俺が土下座して「リハお願いします」って言ったら
光が「こいつらに言っても無駄だよ…」って鼻で笑って。

はいはい(笑)
仲良しなんだね君たち。

どうですか?ランマは?

…。
…。
…。

妖精は完全に沈黙。

大丈夫だよ?ユッキ、もう怒ってないってよ!

あ、ああ、顔が腫れてた件ね。
それに対するランマの発言。



わあ!



わあ!って何だ(笑)
でも、急にランマに難しい話を振った翔やんが悪いと思う。

学校に行ってるみたいで毎日楽しかったです。


ランマはねー。後輩ちゃんたち(紫SHIKIBU)を映画に連れて行ってあげてましたからね。
お兄ちゃんみたいな感じでしたねー。
他にもランマは、ギター部の方で愛羅武勇をね、みんなにレクチャーして。
最終的に俺よりみんなの方が上手くなってたよね。

なら、翔やんもランマに教えてもらえばよかったのに。
他にベース部もあったんでしたっけ。

全員にひとことずつ聞いてたと思ったんですが、すみません。
記憶が彼方へ飛んでいってしまいました。

なんだか打ち上げみたいだね。

と言っていたのはたしかで、そういえば反省会みたいな感じだったかも。

じゃー、最後、光ちゃん!


$@*☆&%#~!

松の定位置の辺りで激しい泣きまね。
口元に白い蛾がたかっても気にせず泣きまね。
次の瞬間、「へへーん、だまされてら!ウソ泣きだよーん!」て感じの笑顔になるんですが
口元には蛾がたかっているわけで。
いつかのクマゼミみたいに、食べちゃったらどうしようかと思ってはらはらしました。
え?クマゼミは咥えてただけ?
食べてないんでしたっけ?

■俺とオマエとGood Luck

ランマさんのカウント。

ぁ わん!つー!わんつー!すりー!いえい!

なんということでしょう。
演奏中の記憶がまったくありません!

翔やんの投げた花が一番遠くまで飛んでいて、ダーツが上手そうと思った。
ねえ翔やん。
投げた矢の命中率が100%なのに目に見えない的って知ってる?
どうして目に見えないのかって?
なぜってそれは私のハートだから!
(あまーい!!)

※おねがい:ネタなのでひかないでください。


■涙BOY 涙GIRL

腕を組んでウェーブするチアダンスっぽいアレ、近くで見るとかなり迫力がありますね。
ポンポンがちゃんと6色になっていることにも注目!
沖縄なんだからゴリエを混ぜればよかったのに。

ふりつけの最中に輝矢と二カケンが小芝居をしていました。
内容は忘れたけど。(←ダメじゃん)

微熱が着ていたアメフトユニフォームの番号が気になったので調べてみたら
(というかワッツインに載っていたのでカンニング)

純:72 (誕生日が2月7日だから?)
輝:10 (理由はわからん)
ニカ:29(理由はわからん)

という結果でした。
でも別にどうでもいいです。

■氣志團学園校歌(1~5番)

校歌斉唱!ということで横並び。
セットリスト的には最後の方が断然いいですね。
でもそうするとHGな校歌が見られないわけで、
ああ、あのセットリストはファンサービスだったのかー。

そうだ。最後の最後でうちわ攻撃に遭いましてね。
右へ左へよけて視界を確保するのが大変でしたのことよ。
ゴルア!○やんうちわ(大)と、○ぼうのうちわ(大)を持っていたお前ら!(←無駄な伏字はよせ)
オマエのかあちゃんデーベソ!


■Be My Baby (ハイサイおじさんmix)

えっと、タイトルの通りで。
ハイサイおじさんを踊りながらダンサーがいなくなり、微熱がいなくなり、
氣志團がいなくなるという。

実に南国らしい、カラッとした〆でよかったです。



会場を出たら、公園内に「蛍の光」が流れていて
街をあげて卒業式をお祝いしているみたいでちょっと感激。

その後、国際通りの居酒屋にしけ込み、
泡盛で祝杯をあげているうちに夜は更けて行くのでした。



翌日。
「グラスボートに乗ろうよー」
「鍾乳洞に行こうよー」
というタクシーの運ちゃんの激しいナンパ(笑)をひらりとかわし、
向かいまするは国際通り。
なぜならば、市場でユッキごっこがしたかったから!
(ユッキごっこ:活きた伊勢海老を頭に乗せて痛がらせる遊び。よい子はまねしちゃいけません。)
だけど、あいにく日曜日で鮮魚コーナーはお休み。
ブタの顔と一緒に記念写真を撮ってお茶を濁す私たちなのでした。

んで。
同じく国際通りの三線のお店にも寄ったんですが、そこでこんなものを購入しました。

20060423230648.jpg

国道330号線ピック。
と、ちょっと鳴らしてみるだけのつもりが、気づいたら帰りの荷物になっていた三線。
ワンナイを弾けるようになるのが目標です。



唐突ですが、翔やんてやさしいですよね。
例えば、レポに書きはぐってますが
愛羅武勇前のMCの途中で「寒くない?」って聞いてくれたこととか
空港で呼び止めた時にイヤな顔ひとつしないで相手にしてくれたこととか。
相手を傷つけないよう常に気を配ってくれる大人の男のやさしさに胸がきゅるるん。

ただ、翔やんのそれは営業用なので、そこがちょっとだけ悲しかったりします。
だって、誰に対してもやさしいんでしょう!?
私のことなんてなんとも思ってないくせに!
好きでもないのにやさしくしないでーッ!ーッ!ーッ!!

では、ちょっくら行ってきますね。

どこへ行くのかって?
そんなの、決まってるじゃないですか。

どしゃ降りの雨に打たれに、さ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。