ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲んだら飛ぶな

2004年11月19日未明に、氣志團ギターリスト星グランマニエが、
怪我(外傷性クモ膜下出血)を負い、その為下記の氣志團公演を延期することとなりました。

氣志團ARENA GIG TOUR 2004氣志團現象最終章 "THE LAST SONG"
11/20(土) 大阪城ホール
11/21(日) 大阪城ホール
11/23(火・祝) 名古屋レインボーホール



それを友達からのメールと、彼女がメールの直後にくれた電話で知った時
私は会社の昼休み中で
昼食のカニグラタンを食べていました。

やや興奮気味に話す友の声を聞きながら、
私は「ええっ!」「本当に?」の2語しか発せませんでした。
だって、大阪と名古屋が延期って。
東京ドームを5人でやるって。

ランマの病状が重いのか軽いのか、
ギタリストとして復帰は出来るのか、
何も情報のないまま時間だけが過ぎ
帰宅後に家で特設サイトを開いたら18:20にUPされた團長のコメントが載っていて
大阪・名古屋公演を延期せざるを得なかった悔しさと
5人で臨むドームへの苦悩が痛いほど伝わってくるその文面には
私が思っていたことが全部書いてありました。
一部抜粋。


ランマのケツは俺達でしか拭けないんです。

だからやらなきゃいけないと思いました。
本当は“ランマがいない氣志團なんて意味があるのか?”
それ、正直俺も思ったです。

もしかしたら君達も、気がついてしまうかもしれません。

俺達はたった一人でも欠けてはならないという事を。

それでも、俺達はやります。
それがみんなに対する精一杯の気持ちの恩返しだと信じているから。
そして自分達・氣志團の誇りの為に。

ランマは帰ってきます。

必ず帰ってきます。

でも彼の為にも、彼の復帰ギグの前に、絶対にやらなきゃいけない事がある。

お願い致します。
愛するKISSESの皆さん、この氣志團現象最終章の結末を、しかと見届けに来て下さい。

必ずみんなと、そしてランマを、ピリオドの向こうへ連れていきます!



今、一番辛い思いをしているのはこの5人で、6人揃わなければ氣志團でないことは、本人達が一番良くわかってる。
5人が☆の形を作ったところで決してランマの穴は埋まらない。
でも、わかっていながらそれでもやろうとしているんだこの人達は。
しかも、ただでさえ不安要素しかない東京ドームで勝負しようとしているんだ。
5人の、特に團長の肩にのしかかる重圧はいかばかりだろうか。

けれども、團長はやると言った。来てくれと言ったのだ。
一世一代の大舞台。しかと見届けさせていただきますよ。
よりによってランマ前の席からね。

しかし、酔っ払って2階から落ちて公演に穴を空けるとはなんとも大物よの、星グランマニエ。
大事に至らなくて本当に良かった。早く良くなってください。


コメントを読んでひどく感動したのですが
「ランマをピリオドの向こうへ連れて行く」って、それ、
今だけはちょっとシャレになってないですよ、團長…。


いただいたコメント

テト:私も、5人でやるくらいなら東京ドームも延期してくれよ!って思ってました。橙組なので、ランさんがいないGIGになんか行く意味無いよと。でも團長のコメント読んでやっとドームに参戦する氣力が出てきましたよ。バカな子ほど可愛いとよく言いますけど、こんなにこんなに手のかかる末っ子・・・。
綾さんの肩に乗っかってるもの、恐ろしくて想像すら出来ません・・・。
(2004-11-21 15:42:52)

ちょう:ミケさんこんばんわ。以前にメールしたちょうです。(覚えてらっしゃいますか?)
今日、日帰り(夜行列車泊)予定で千葉から大阪に行ってきました。大阪城公演を見るために。
知らなかったんです、ランマちゃんのこと。昨日、HP見てなくて…。
正直、本当にがっかりしました。本当に悲しかった。悔しかった。
怒りも沸いてきました。
でも、今家に帰ってきて團長のコメント読んで涙が出そうでした。
5人で東京ドームに臨む…たぶん5人はすごいツライですよね。
だからこそ、内容が良くても悪くても、しかと見届けないと。そう思いました。
(2004-11-21 22:32:40)

りさ子:今知りました。言葉も出ません。
メンバーだけでなく、東芝サイドやイベンターの方々のことを考えると。

團長は、人生最大の重圧だと思います。
ドームをやると言うだけでも、想像し難い重圧の筈ですから。

今はまだ私もそれ以上言葉が出ませんが、尾崎君の事故のことを思い出してしまったのは、不謹慎でしょうか?(飛び降りて骨折したのの方ね)
尾崎はあれがキッカケで、活動の流れが変わったのです。

團長は今回のことで、必ずこの公演を伝説にしてくれると信じています。
逆に言えば、これだけの重圧に耐えうる男は、あいつだけだ、とも思っています。

多分この公演が終わった後、色々な流れが変わると思います。
一緒に歴史の証人になりましょうね。
(2004-11-22 01:13:56)

ミケ:テトさん>はじめまして。
東京ドームも延期したかったでしょうね、本当は。ドームの裏側には色々な大人の事情があったと思われます…。
バカな子ほど可愛い、まったくその通りですね。末っ子は特に可愛いとも言いますし(苦笑)
そんなおバカさんのランマ君は、怪我が直ったらきっと團長さんの肩を揉んであげることでしょう。
でもその前に、逃げないでみんなにちゃんと謝らなきゃですね。こんなに心配させたんだから。
ランマ君、もうほんのちょっとだけ強くなって帰って来てください。
(2004-11-22 20:44:01)

ミケ:ちょうさん>(もちろん覚えてますともさ!あの時はお世話になりました。)
お疲れ様でしたね…。現地に着いてから知る、というのは本当に残酷だったと思います。
ショックだったでしょう?怪我するんならもっと違う時にしてよー!ランマのバカー!って思ったでしょう?
確かにランマのことは心配しない訳じゃないけれど、怒って当然なんですよ。
だってちょうさんは、この日が来るのを本当に本当に楽しみにしてきたんだから。
時間を削って大阪まで行ったんだから。
ファンを悲しませてしまったこと、時間がない中で5人でドームに臨まなくてはならないこと、メンバー達もつらいでしょうね。
あれだけ「完全」を求め続けてきた人達、特に團長が、最初から「不完全」を承知で臨もうとしているんです。
私たちは見届けなくちゃいけませんよね。たとえ結果がどうであろうとも。
(2004-11-22 21:33:33)

ミケ:りさ子さん>うわー。こんな遠くの方にまでコメントくださるなんて!ありがとうございます。
重圧に耐えうる男…試練はそれに耐えうる人のもとにしか降ってこないと言いますからね。
團長だったらやれる。私もそれを信じています。逆境ですら楽しんでしまえる強さを持っている人だと信じています。
色々な流れが変わる…流れは既に変わりはじめているのかもしれません。
大阪・名古屋が延期になったことで、團長が描いていたドーム後のシナリオは書き換えなきゃいけませんから。
決して尾崎君の真似をした訳ではないでしょうけど、ランマが流れを変えたのは事実ですね。酔っ払ってまでロックな奴だ。
伝説のGIGまで、あと5日。
(2004-11-22 22:00:11)

りさ子:>大阪・名古屋が延期になったことで、團長が描いていたドーム後のシナリオは書き換えなきゃいけませんから。

私はよく知らなかったんだけど、今回のツアーって解散を匂わせていたんですってね。
実際ドームの後どうするかは、團長の頭の中にしかないわけだけど、本当に解散するつもりだったら、もしかしたら神様がそれを阻止?するために?この事件を起こしたのか?とか、
全く事情のわからない私の勘ぐりだけど、そんなことまで、ふと思ってしまったのです。

ランマの命が奪われていたかも知れない、大変なことじゃないですか。
それもよりにもよってこの時期に。
神様は、これによって團長に、一体何を伝えようとしていたのか。

それを團長は、必死になって考えようとしている気もします。

もうすぐ火曜日。一日一日近づいてきますねー。
私の席は1Fですが、ミケさんはアリーナかな?

>團長だったらやれる。私もそれを信じています。
私も私も。
これで奴は本当に男になると思うよ。
この事件は強さをくれるよ。こんな逆境ないもの。
しかも逃げることが許されない逆境だから、日本一の重圧じゃない?

必ずこの逆境には、意味があるよね。
(2004-11-22 23:17:20)


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。