ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんのコメントありがとうございます。
長くなりましたのでこちらにお返事を書かせていただきますね。
希望と不安が胸の中でZUKIZUKIと音立てて渦巻いてますので
矛盾している点もありますがご容赦を。


くろくろさん>

ちょっとだけお久しぶりです。この間はどうもありがとうでした。
>今ほど「團長」という言葉を意識したことはありませんでした。
>あぁ、綾小路翔は氣志團の團長なんだな、と。

コメントが出てから、私もそれをずっと思っていました。
事故後の対応、ドーム公演の構成、延期した公演のこと、そして何よりランマの心配…。
團長、という肩書きの持つ本当の重さをイヤと言うほど感じていることでしょうね。
何も出来ない自分がいやになります。
ただ、氣志團のためにひとつだけ出来ることがあって。
それは、27日に東京ドームに必ず行くことで。
だけど、怖いんです。
27日が近づくに連れて、5人しかいないステージを見るのが怖くて仕方がないんです。
ちっとも楽しみじゃないんです。
5人で成功なんかする訳ないし、成功したらもっと嫌なんです。
こんなのはもうこれっきりにしてほしい。本当に。

ランマは、外面の怪我よりも内面のケアの方が必要な気がしてきました。
「みんなに迷惑かけたから辞める~」とか言い出しそうで…。

ストレスで團長に10円ハゲが出来ませんように。


ナンナさん>

ご理解いただきありがとうございます。
6人の絆を感じて、「ああ、バンドの魅力とはこれなんだなー」と改めて思った次第です。
今回の苦難を乗り越えることで一段とそれが深まることでしょう。
世間には不仲説とか言っちゃってますけどね。
バンドが持ってる蜜の味を教えてくれたのも氣志團だけど、
こんな苦い味を教えてくれたのもまた彼らで。
皮肉なものですね。


あとぜきさん>

「東京ドームGIGに出る!」と言い張るランマ。
「怪我してるんだからダメだ寝てろ!」と怒鳴る團長。
「病室ですので…」と止めに入る看護婦さん。
容易に想像がつきますね。

仲間外れ(笑)はかわいそうだけど、ひとりだけステージに立てないこの悔しさを忘れなければ、
ランマがこの先お酒で失敗することは2度とないと思います。
責任感が強いが故に、失敗したことを気に病んで
それを紛らわすためにまた飲んで…となっては元も子もないんですけどね。
強くなりな、ランマ。少しだけでいいから。
ばあちゃん泣かすな。

私も妄想していいっすか。
ドームに臨む5人がどうも、頭に包帯を巻いて病室で寝ているイソップのために全国制覇を誓う
ラグビー部員に見えて仕方がありません。
まあ、私達がよく知っている方のイソップというかジブリーは
全快してチームに戻りますけどね。ドラマと違って。
というか、チームに戻ってくれなきゃ困る。


ルシータさん>

「実は、イベンターの手違いで大阪と名古屋の会場を押さえるのを忘れてました。」
なんて嘘もありですか。
>現象を終わりにしたくなくて
ルシータさんのおっしゃるネガチブランマ説、なんかいじらしいですね。
私も、半分は「嘘だ」と思いつつもその二文字が頭から離れません。
だけど、「今後のシナリオを書き換え」ることになったことだけは確かで
最終回は確実に延長されたのです。
そしてその書き換えのきっかけを作ったのはランマなんですよね。
今回のことで、氣志團の未来が明るい方へ転んで行きますように。

PS:大丈夫、I don’t careです!


ちょうさん>

いよいよ決戦の日が近づいて来ましたね。
ランマのいないドーム公演を見るのは、私も怖くて仕方がありません。
何が怖いかって、ステージと客席の間に生まれるであろう違和感です。
GIGが始まった瞬間に5人はもちろんそれに気づくだろうし
客席だって気づかないはずがないと思うんですよ。
白々しい空気が流れる中、お互いそれに気づかない振りをして4時間も過ごすなんて耐えられない。
だから、ドームが本当に怖いです。
>氣志團は6人揃って初めて意味があるんだなと実感しました。
他の5人がいるからこそ、安心して好きな團員を贔屓していられるんですよね。
6人揃って当たり前だったから、今までそんなこと考えもしなかったけど…

房スカ、私も気になってます。
希望としてはどうあっても房スカで始まってほしいのですが。
トミーもお腹が痛くなってることでしょうね。
他にも、鉄のハートはどうするんだとかゆかいな仲間たちはどうするんだとか
考え出したらキリがないんですけど。

こんな重い気持ちでGIGに臨むのは初めてです。
ランマにとっても、他の5人にもとっても試練ですが、私たちにとっても試練ですよね。
でも、私も絶対見届けます。怖いけど。


りさ子さん>

ぶっ倒れる、というか酸欠にはなるかもしれませんね。
ただでさえ時々、息するの忘れますから。あの人は。

>なんか神の啓示と思えてならないよ。
私もちょっとお膳立てが整い過ぎてるような気がしてきました。
ランマの怪我が軽症で済んだこと。
事故がドーム前ではなく、大阪前日に起きたこと。
大阪からドームまで1週間あったこと。
氣志團にはもうひとりギタリストがいること。
ドームチケはまだ余っていること。

>ドームを伝説にするために、何かが起こってるんだよ。
>マジ、目撃するものは奇跡になると思う。
私もそう思います。ものすごく。


あっこさん>

今回のことは、決して最悪の事態ではないんですよね。
だって、ランマは生きたんです。怪我はしたけど生きているんです。
生きてるということは、まだ死ぬには早すぎるんです。TOO YOUNG TO DIEなんです。
そうだよ。ランマにはまだやらなきゃいけないことがいっぱいあるんだから。
今まで周りにかけてきた気苦労を、今度はランマが恩返ししなさいよ、ということかもしれませんね。

>落ち着きかけた氣志團を神様がすごいところへ導こうとしている気がしてならないです。
ほんとにほんとに。めちゃめちゃ愛されてますよね。
しかし、予言した店長のタイミングはすごいと思います。あれ、大阪GIGの3日前でしたから。
あ、それともポップを貰いに行った私のタイミングがすごいのか。
ではでは、おやちゅみちゅこ~!ああ陣痛が…


いただいたコメント

うなたま:みなさんのコメントをみてて、なんか納得。
その時は突然のことに驚き、悲しみ、葛藤していても、何年か過ぎてみるとその出来事があればこそということがあるんですよね。
この事故は起こるべくして起こった、転機というやつかもしれません。
そう思うと腹が据わるかも。
いいお話を聞けちゃったな~
(2004-11-24 13:21:34)

みきみき:ここのサイトに来ると私の言葉で言い表せない感情が、ミケさんや皆さんの言葉で浄化される、そんな思いで今います。
ランマへの心配、怒り、今後の不安、團長やメンバーのこと…
自分がキッシーでい続けることを誓ったからには、これらの全てを受け入れたいです。たとえ時間がかかっても。
今回の最終章ラストGIGが、これから先、必ず伝説になると信じています。
東京ドームには私に関係する全てのことを放棄してでも行きたかった、でも行けません。
またここに来て、伝説の生き証人ミケさん、皆さんの話を聞きたい(見たい)と思います。
あと3日!私も伝説の聞き証人になります!!!!
(2004-11-24 20:45:43)

りさ子:伝説の聞き証人、(・∀・)イイ!
(2004-11-24 23:44:59)

ミケ:うなたまさん>転機、なるほど、そう考えればこの苦難を乗り越えられる気がします。
それから、こうやって皆さんと意見を交わすことも悲しみを癒す糧になっているんですよね。

みきみきさん>私も、皆さんの書き込みを読んで気持ちを整理しているような感じです。今は試練の時ですね。
ドームGIGは必ず伝説になります。みきみきさん、待っててくださいね。一緒に伝説の証人になりましょう。

りさ子さん>ですよね。みきみきさんに座布団1枚。
(2004-11-25 22:21:28)

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。