ミケノコージ苑
氣志團ファンの何気ない日常を綴った暑苦しい日記です。 コメントもトラバも受け付けてないオナニーブログですみません。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氣志團学園 沖縄校(その5)
ふう。
危ない橋をやっと渡り終わりました。
バカみたいに長いのでご注意。
[氣志團学園 沖縄校(その5) ]の続きを読む
氣志團学園 沖縄校(その4)
見るたびに元来あまり好きでない貴さんの株が上がり
贔屓にしている中居君の株が下がるという不思議な番組・うたばん。
DJ OZMA(24歳・年男)が可愛くてもうどうしようかと思っています。
そんなにがちゃがちゃを全開にされた上に
あまりに惜しげもなく上腕二頭筋をさらされたら、
おねえさん(34歳・ 祝!大厄脱却)はもう…!
あのこは仲間が大勢いると心強いみたいですね。
楽しそうでよかった。

OZMAを見るたび思うこと。
どうしてヘッドマイクにしないんだろう。
主役がわからなくなるから?

そんなDJ OZMAさんですが。
今日のオリコンで3位ですってよ奥さん!
すげーなーテレビって。

久々にタコ部屋のブログが更新されていました。
ウソをつけないところがあやのこのいいところだと思うのですが
あまりに正直すぎるのもどうかと思いました。
とっちらかった文章を書きがちなB型同士ってことで弁護しちゃうけど、
万博は楽しくて当たり前、それが前提なのだと思います。
ハワイ>万博 なわけでは、決してないと。
[氣志團学園 沖縄校(その4) ]の続きを読む
氣志團学園 沖縄校(その3)
沖縄以来、時差ボケが治らなくてまいっちんぐです。(時差ボケ?)

4月は前半、キリギリスのように遊んだので
後半は蟻のように働きます。
だから今日は午後から仕事。
貧乏 金なし ひまなし!
夏はお受験!
勉強もせねば!

[氣志團学園 沖縄校(その3)]の続きを読む
氣志團学園 沖縄校(その2)
強欲ババアです、こんばんは(笑)
 
この話題、しつこいですか?しつこいですね。
だけども書いちゃう!
以下、脳内にてエンドレスリピートされているシュミレーション。
言論の自由!
妄想 思想の自由!

OZMAのCDをおずおずと差し出す私。(←うまいこと言ったつもり、)
一瞬驚いた顔をしたのちに、七味をかけてさっといただくかんj
じゃなかった、にやりとする翔やん。

「CDに書いちゃっていいの?」
「ハイ!もう1枚買うので!」
「ありがと☆きっと喜ぶよ、アイツ」 (にっこり)

赤いCDの上にさらさらとペンを走らせる翔やん。

「お名前は?」
「ミケです」
「えっと、漢字は?」
「美しい、に陰毛の毛です」

「ハイ、できました」

ってひらがなじゃねーか!
※昔あったタワレコのイベントでこれをやられた人がいたそうで

笑う翔やん。
笑うミケさん。
そして、お礼とお別れのあいさつ。

「ありがとうございます!ヨーソロー!オズマにヨロシク!」


あ こ ぜ
り ん っ
え な た
へ の い



以上、マスターベーションでした!
できればふたりで一緒に気持ちよくなりた…か…った!け…ど!


そうそう。
祝電、ありがとうございました。
一緒に喜んでくださる方がいるこの喜び!
たくさんのおめでとうを受け取って、
あれは相当にすごい出来事だったんだなあと改めて実感しました。
そうですよね。
死ぬほど憧れてた相手が一瞬でも自分を認識してくれたんだもの。
私が発した言葉を、いちいち頷きながら聞いてくれたんだもの。

滋賀行きの新幹線が雪で遅れたのも、
横浜帰りのJRが濃霧で止まったのも、(タクシーで帰りました)
沖縄行きの飛行機が1時間遅れたのも、
全てはあの時のためだったのだと。
運命の歯車が少しずつ少しずつ調整されていたのだと。
俺、マブで信じてる。

ただ、あれ以来、翔やんへの距離を今まで以上に遠く感じています。
なんか、逆に寂しくなっちゃったのねー。
OZMAが売れてることもあって、
独占欲をもてあましたのか心がざわざわします。

…遠いなあ。
ネバーランドもハワイも。
17日のエネッチケーも、中に入れてもらえなかったし。
氣志團どっと虚無。 氣志團どっと虚無。
[氣志團学園 沖縄校(その2)]の続きを読む
氣志團学園 沖縄校(その1)
私、恋をしてるみたいです。

あれ以来(昨日の日記を参照されたし!)
お腹がちっともすきません。

一晩寝たら欲が出てしまいまして、空港での一件に関して少し凹みました。
タクシーに乗って行ってしまうまでに結構な時間があったんだから、
再アタックすればよかったなあ。
疲れてるのに悪いとか気にしないで、素直にお願いすればよかったなあ。
OZMAのCDにサインしてくれ、つったらあの子どんな顔したんだろう。
笑ってくれたかな?
「友達なんだよねー」って言ったかな?
あと、「大好きです」の返事は「ミー・トゥー」の方がよかったなあ!
なーんて、自分の浅ましい姿を見られるのが恥ずかしくて
お見送りすら出来なかった人が何を言う!!
おねだり下手で妄想力だけ逞しい自分が激しくにくい。

でも、これは自然の摂理だと思うのです。
だって、AをしたらBがしたくなるよね!
BをしたらCがしたくなるよね!

だけどまあ、済んでしまったことを今さら悔やんでも仕方がない。
気にすんな!心折るな!
俺にはそんな度胸ないじゃん!(←結局だめじゃん)
なので、こう思うことにしました。
あれは、「オフ会のためのリハーサル」だったのだと。

って、ほんとに行っちゃうんだろうかオフ会。
本気で行けるんだろうかオフ会。
その前に万博をどうすんのか、っつう話ですが!
取りあえずはメガネっ子を脱却してコンタクトにしてみようと思います。


ではでは。
気を取り直して、ピリオドの向こうへ行ってしまった記憶を呼び戻すとしましょう。
とりあえずは、GIGの晩に携帯から更新してたのに
ブログの設定が下書きモードになっていたために反映されてなかった
セットリストだけUPします。
何をやらせてもダメなこんな俺だけど、Shall We Dance?
[氣志團学園 沖縄校(その1)]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。